MENU

0120-917-636FREE-CALL

電話受付:平日9:30〜17:30

Facebook

MENU

Seminar セミナー

【2019/10/8(火)開催】お客様限定!美容室経営者は必見のリスクマネジメント基本セミナー

お金の悩みから解放される方法とは?

 

お金の悩みを解決するために最も重要なことは、資産設計をすることです。

最近では、資産設計に関する大きなニュースとして、老後の資金に2,000万円の貯金が必要になるという、

いわゆる「2,000万円問題」が多くのメディアで取れ上げられています。

あなたも、聞いたことがあるかもしれません。

 

 

うわさの「2,000万円問題」の真実とは?

 

「2,000万円問題」について、あなたはこんなことを思っていませんか?

・聞いたことはあるけれど、詳しくは知らない・・・。

・対策をしなければいけないことは分かっているけど、何から始めていいのか分からない・・・。

・そもそも、本当に2,000万円も必要なの?

 

実は、これらの疑問は全て、私が多くの方々から受けたご相談です。

では、老後のために2,000万円の貯金が必要だという根拠は何なのでしょうか?総務省の「家計調査」(2017年)によると、

「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯」の実収入の平均は209,198円、実支出の平均は263,718円と発表されています。

そのため、実支出 - 実収入(平均)≒55,000円/月 となります。

つまり、年金だけでは、毎月55,000円の生活費が不足してしまうということです。

そして、今後の寿命の延び具合から、およそ30年の老後の生活が待っていると予測されているので、

55,000円 × 30年 ≒ 2,000万円 となります。

そうです。これが老後資金2,000万円問題の正体であり、2,000万円の貯金が必要な根拠なのです。

 

さらに、個人事業主の場合、会社員や公務員と違い厚生年金がないため、国民年金だけしか受け取ることができません。

国民年金の平均支給額は55,000円ですので、夫婦の合計は110,000円となります。

そのため、実支出 - 実収入(平均)≒ 150,000円/月 となります。

そして、先ほどお話しした通り、老後の生活はおよそ30年と予測されていますので、

150,000円 × 30年 ≒ 4,500万円 となります。

つまり、個人事業主の場合、年金だけでは老後資金が4,500万円も不足してしまいます。

お分かりいただけたでしょうか?つまり個人事業主の場合、「2,000万円問題」ではなく、「4,500万円問題」なのです!

 

このような、お金に関するお悩みを解決したいと思いませんか?

本セミナーでは、この「2,000万円問題」をはじめ、多くの美容室経営者の方々が負うリスクと、

その解決方法を詳しく解説いたします。

 

※今回のセミナーは、弊社で本格的に「リスクマネジメント基本セミナー」を開始する前の、プレセミナーとなっております。

 そのため、顧問契約を締結しているお客様や、日頃お世話になっているお客様のみお申込み可能な限定セミナーとなっており、

 参加費用も特別価格となっております。

 

■セミナー概要
・リスクマネジメントとは?
・損害賠償責任の具体例。相手はお客様だけでしょうか?
・資産の損害リスクとその影響。
・病気で働けなくなったらどうしますか?
・リタイア後のリスクとは。話題の年金2,000万円不足について解説。

 

■講師
山本裕 (グローイング株式会社・代表取締役・ファイナンシャルプランナー・DCコンサルタント®)

 

■参加費用
特別価格

3,000円(税込) → 500円(税込)


※別途、決済手数料216円がかかります。

(消費税増税に伴い、10月1日以降の入金の場合、決済手数料が220円になります。)

 

■開催日
2019/10/8(火)

 

■時間
14時から16時まで

 

■会場
弊社池袋オフィス セミナールーム

 

■申込期限
2019/10/1(火)