MENU

0120-917-636FREE-CALL

電話受付:平日9:30〜17:30

Facebook

MENU

Topics トピックス

2020/09/15

社員ブログ

本質を追求する

今更ではありますが、偏見無しにして、本質を見ようとする
姿勢を持ち続ける事は非常に大切です。

特に人に対しては、1つの側面を見て、
それが全てであるかの様に判断してしまう事は
非常に残念でもったいない事だと思います。

年齢のせいにはしたくはないのですが、私自身固定観念に囚われ、
頭が固くなっていると感じる事が増えてきました。

私は音楽を聴くことが好きなのですが、学生時代から洋楽の
ロックサウンドに慣れ親しんだ事もあり、男性ボーカル、
ギター、ベース、ドラムがガンガン鳴っているといった、
タバコやアルコールの匂いが漂う音楽以外認めないところが
ありました。

今思えば完全に偏っていました。

その為、昨今のヒット曲 初音ミクなどのボーカロイドを駆使し、
動画投稿サイトにアップされた音楽は薄っぺらいと思っており、
どこか敬遠していた節がありました。

ところが最近は “夜”という言葉を名前に含む3組のアーティスト
(YOASOBI、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。)をヘビロテ
しております。

きっかけはTSUTAYAで知って、その後Youtube で
YOASOBIの「夜に駆ける」を聴いた事が始まりでした。

ボーカロイドではないのですが、歌の上手さに加えて、
メロディーにきれいにハマった歌詞など、発表されている
4曲は全て高いレベルの曲だと感じております。
個人的には今年の紅白にノミネートしており、
自分でもこの変わり様、ミーハーぶりに驚いております。

大袈裟ではありますが、ヒット曲には何か感性に訴える
本質的な要素が隠されていて、とりあえず周囲の評価に従って
一回は素直に聴いてみるべきだと思っております。

賛否両論あると思いますが、その上で自分なりの判断を
する事をお勧めします。

その他にも、以前から存在自体は知っていたものの、
見た目で拒絶していた2つのグループがあります。
1つ目はバンド 女王蜂 、2つ目は東京ゲゲゲイです。

YOASOBIの例もありますので、偏見無しで
アップされている曲をYoutube で見ています。
間違いなく感性に訴える本質的な要素を含んでいます。
かなりお勧めです。

今後も全てにおいて、偏見無しに本質を追求する姿勢を
持ち続けて参ります。

石塚