MENU

0120-917-636FREE-CALL

電話受付:平日9:30〜17:30

Facebook

MENU

Topics トピックス

2020/05/12

社員ブログ

自分の人生を決めるのは、自分

No music, no life.と言われるように、
私自身も洋楽、邦楽ジャンルを問わず毎日必ず何かしら聞いております。
好みのジャンルはありますが、そこに固執しないで
気になった音楽は取り敢えず聞いてから判断する様にしております。

最近お気に入りのバンドがあります。
以前から存在は知っていたのですが、
当時は特に引っ掛かる事はありませんでした。

ところが、2年前に石野 理子という
元アイドルの10代の女の子がこのバンドに加入。
その後に発表された曲(消えない、絶対零度、Highway Cabriolet、
凛々爛々 他)を聴いてから完全にハマってしまい、
マスクの中で口ずさみながら出勤しております。

石野 理子が所属していたアイドルグループは
歌がうまい女の子が集まったグループで、
ルックスはともかく、マニアックな往年の名曲
(Funny Bunny、ベステンダンク、 他)のカバーを
専門に歌うグループとしてスタートしました。

解散する1年前ぐらいにやっとオリジナル曲で勝負するようになり、
あらためて今聞いてみても非常に良い曲(前髪、5センチメンタル、
交感ノート、恋する感覚 他)が多いと思います。

作曲に著名人を起用したにもかかわらず、大人の事情で解散とは、
アクターズスクール広島の優等生であった石野 理子は
大変無念であったと思います。

事実、解散を発表してから徐々に評価され始め、
ソニーミュージックは判断を誤った感を否めません。

同時期、バンドの顔であるボーカルが脱退し、
事実上の解散状態だった津野 米咲 率いるバンドに加入する事で、
石野 理子の本領が発揮され、以前からのコアなファンのハートを
一瞬にして鷲掴みにしたのでした。

子供の時からアイドル目指してがんばってきて、
ボーカリストとしての選択が今の成功に至ると思われます。

新たな道を歩みはじめた石野 理子が魂を込めて歌う
新曲(yumeutsutsu)と上記の曲を是非、
先入観無しで聞いていただければうれしいです。

石塚