MENU

0120-917-636FREE-CALL

電話受付:平日9:30〜17:30

Facebook

MENU

Topics トピックス

2020/03/10

社員ブログ

聞いていましたか?

3月になり、確定申告業務に没頭するようになってから、
帰宅する頃にはほとんど体力が残っておらず、
そのまま家で寝てしまったことが何度かありました。

最近では、コロナウイルスが世界中で猛威を振るっており、
電車の中も空いていることが多くあります。
今年は特に、各種スポーツの大会やイベントが中止になるという
異例な出来事が多く、私は非常に戸惑っておりますが、
それでも必死にしがみついて今を生きていきたいと思います。

つい先日、TSUTAYAで洋画のDVDを返却しに行く際に、
ふとある本が目に留まりました。
それは、フジテレビのめざましテレビでアナウンサーをされている
加藤綾子さんの本でした(「会話は、とぎれていいー愛される48のヒント 文響社」)。
私は、コミュニケーションが優れているわけでもなく、
アナウンサーとして活躍している人がどういったことを
普段の会話で意識しているか気になり、購入しました。

その本の中で印象に残ったところをご紹介させていただきます。
それは、加藤さんが福山雅治さんのインタビューを行っている際に、
「加藤さん、聞いていましたか」と福山さんから注意をされたことです。
このとき、加藤さんは事前に考えていたシナリオ通りに
インタビューを進めることばかりを考えており、
現在話している会話の内容をしっかりと聞いていなかったそうです。
その経験を通じて、加藤さんは、会話の流れを大事にして
結論に結び付けることの重要性を説明されていました。

そもそもテレビを拝見している感じでは、
テレビのアナウンサーは、話すことも人の話を聞くことも長けており、
インタビューも完璧に行うのかなと思っていたので、
加藤さんがそういったことで失敗したことがあるということを知って驚きました。
しかし、今までの私も、普段の会話やお客様とのご面談の中で
自分の想定通りに話が進むことはほとんどなく、
実際には想像していなかった話に発展したりすることも多かったことを思い出しました。

準備は確かに大切かもしれませんが、その場で直面している状況に
臨機応変に対応することが大切だと勉強になりました。

今はとにかく知識の引き出しを増やし、
お客様からのご質問に早く・正確に・適切にご回答できるように、
一生懸命頑張りたいと思いました。
そして、臨機応変にお客様のご質問に対応できるように、
周りの上手な方のコミュニケーションの取り方を参考にして、
日々前進していきたいと思います。

齋藤