MENU

0120-917-636FREE-CALL

電話受付:平日9:30〜17:30

Facebook

MENU

Topics トピックス

2019/12/03

社員ブログ

角打ち

ここ数年、地元の昔からある洋菓子屋さんや花屋さんなどが
次々に廃業してしまい、とても寂しい気持ちです。

私は以前の会社の仕事で、文具や作業着の注文など、
外部の業者さんと接することが多くありました。
しかし、在社していた18年の間に
それらの小売りのお店が次々と閉じていきました。

文具屋さんなどは、
「こういった用途のこういうものが必要なんだけど。」と相談すると、
それに適したものを探してきてくださり、
細やかな配慮が値段にはかえられない価値があったのです。

しかし、やはりネットでの注文が主流になり、
価格競争に勝てなくなってしまって、廃業にいたってしまいました。
最後にあいさつに見えた時の、悔しそうな様子が忘れられません。

そんな小売りのお店の中に、酒屋さんがありました。
地鎮祭の奉献酒や、会社の行事で飲み物を注文した時など、
必要な時間に必要な状態で届けてくださるので
大変助かっていました。

先代のご主人がなくなり、どうなってしまうかしら?と心配したのですが、
お婿さんが継ぐことになりました。

酒屋さんも量販店ができ、厳しい状況ですが、
そのお婿さんがお店でお客様に日本酒を飲ませる「角打ち」を始めました。
それに先駆けて周辺の工事現場で働く人向けのお弁当なども作って売っていたので、
お弁当に入れる料理をつまみとして出しているようです。

「どんな具合かしら?」と夕方店の前を通ると、
年配の男性を中心に満員の状態のことが多いのです。
定年を迎え、飲み屋さんに出かけるほどではないけれど、
ちょっと珍しいお酒を飲みたいなあという人たちの、交流の場になっているようです。

小売店が生き残る道は険しいと思いますが、
その店の前を通るたびに心の中で「がんばれ!」と応援しています。

私も行き詰ってしまった時に、
活路を見つけられる柔軟な思考を持っていたいなと思います。

今井