MENU

0120-917-636FREE-CALL

電話受付:平日9:30〜17:30

Facebook

MENU

Topics トピックス

2019/10/15

社員ブログ

一歩ずつ

少し前になりますが、夏休みに家族で富士山に登りました。
その美しい姿から、近年外国の方にも人気ですが、
登山客も4割ぐらいでしょうか、大変多くて驚きました。

五合目の山小屋で前泊、夜明けと共に登山開始、六合目で朝ご飯・・・と序盤こそ順調でしたが、
如何せん体力がない為、軽い足取りで登っていく子供達には早くも置いていかれることに。

それからはもう、引き返せないから登るしかない、20歩登って休憩、を繰り返しながら、
すぐそこに見える山小屋にどうにか到着。
上がらない足で、七合目、八合目と山小屋に着く度に、
雲の上にいる景色を見ながら達成感の連続でした。

こんなに少しの歩みでも、続ければ目標にたどり着けることを疲れた体で体感し、
感動も一層大きかったです。

途中からコツを掴み、何とか登頂しましたが、午後になってしまったので急いで下山へ。
途中、高山病でしゃがみこむ娘に声をかけ、新品の酸素を譲ってくれたお兄さんは、
素敵な言葉を残してくれました。
近くにいたおじさまは、上りから娘のことを気にかけて下さっていたそうで、
温かい気持ちに包まれました。

偶然出会った方々との共に登る一体感や、困っている時に助けてくれる思いやりに、
とにかく感謝の気持ちでいっぱいの1日でした。
また、日々の忙しさに追われてなかなか出来ないことでも、
ほんの少しから始めて、それを継続する気持ちを大事にするべきだと思いました。

登った人の数だけ、思いあふれるドラマがある富士山かもしれません。
登る時は酸素とヘッドライトをお忘れなく。

吉田